最新情報

バガスでプラスチックを削減!|環境にやさしい食品容器

プラスチックゴミが世界中で問題視されるようになり、使い捨てプラスチック削減の取り組みが進められています。
それに伴い、紙や木製容器などエコ素材のニーズが高まっています。

非木材パルプを使用したバガスもその一つです。
ではそのバガスとは何でしょうか?バガスを利用した食品容器にはどんなものがあるでしょうか?
着色や印刷はできますか?

エコな容器を導入したい方に参考にしていただけるよう、このコンテンツではいろんな疑問にお答えします。

バガスとは?

紙皿 バガス

バガスとは、サトウキビの搾りかすのことです。
砂糖を作るための糖汁を絞り出したあとに残る繊維で、昔から紙、燃料、堆肥、飼料原料などに利用されてきました。

しかしサトウキビは世界の農作物第7位になるほどたくさん生産されており、バガスの多くは廃棄されていました。その廃棄処理されてしまうバガスを有効活用するため、近年では紙皿などバガスを使った食品容器が開発され、利用が進んでいます。

峠の釜めしを販売する「おぎのや」でも、通常の益子焼容器の他に、バガス容器が使用されています。

プラスチック削減のデメリットをカバー!?

脱プラスチックが進むのは喜ばしいことですが、代わりとなる紙製品の消費が増えると森林伐採が進み地球温暖化が加速するのではないか懸念する声もあります。

その点バガスは、木ではなく栽培期間が一年のサトウキビですから、森林伐採の心配はありません。
ゴミになっていたサトウキビを有効に活用しているのです。

また、バガスは木材よりも柔らかいので、製紙過程でのエネルギーが木材パルプより少なくてすむという利点もあります。
可燃ごみとして焼却処分してもカーボンニュートラルな素材ですから、地球温暖化問題にも貢献できます。

非木材パルプにはバガス以外に、麦を収穫した後に残る麦わらや、成長の早い竹を活用したパルプモールドがあり、バガスとともに利用が進んでいます。

バガスのメリット デメリット

電子レンジ

バガスは植物由来で環境にやさしい素材でから、100%バガスの容器であれば海であれ土であれ、分解され自然に還ります。

バガス容器で商品を提供することで、2015年に国連総会で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)に貢献することができます。(SDGsについては包装容器から考えるSDGs|SDGsとはご覧ください)

紙容器は電子レンジが使用できないという印象をお持ちの方が多いと思いますが、バガス容器はほとんどが電子レンジの使用が可能です。
また、バガス容器は厚みがあるので、保温性があり、スープなどの熱い食品を入れても熱が手に伝わりにくいというメリットがあります。

一方、バガスのデメリットとしては、水分に弱いという点が挙げられます。
ですから湿気の多い環境で保管・使用すると変形する可能性があります。

そしてプラスチックに比べるとコストがかかります。
また、色付き容器として加工するには不向きな素材です。容器の着色についてはこのコンテンツの後半で取り上げます。

バガスのデメリットを抑える加工

飲食店でバガス容器を使用する際に最大の問題となるのは、やはり水分に弱いというデメリットでしょう。

でも安心してください。このデメリットを抑える加工がされている容器もあります。
それは、ごはんがくっつきにくく、水や油を浸みにくくするラミネート加工です。

バガス容器はラミネート加工もエコを意識しています。
通常のラミネート加工はプラスチックフィルムを使用しますが、植物由来のPLAを使用しているバガス製品もあります。
PLAとは、トウモロコシなどの植物に含まれるデンプンを原料とした植物由来のプラスチック素材(ポリ乳酸)のことです。一定の条件を満たしていれば、土中の身生物等により、水と二酸化炭素に分解することができます。

また、バガスのような紙容器はフタがぴったり閉まらないので、お弁当には不向きと思われてきましたが、内篏合でぴったり閉まるバガスの共蓋も開発されています。

エコ容器の技術は日々進歩していますので、以前機能面で不足があってあきらめていたお店様も、是非今一度エコなバガス容器を検討してみるのはいかがでしょうか?
気になった方は木村容器のパッケージコンシェルジュまでご連絡ください。

森林保護

バガスを使用した食品容器

バガス
パルプヒンジコンテナ シンギ
カレーもOKな仕切り付きのバガス容器

では具体的に、バガスを利用した食品容器にはどんなものがあるでしょうか?

シンギコーポレーションのバガスモールドシリーズには、シンプルなランチボックスや、お洒落なデリにピッタリのロック付き容器、PLA加工されたスープカップなどがあります。
容器も蓋もバガスのものや、蓋だけプラスチックのもの、またフタがぴったり閉まって外れにくい内篏合蓋など、機能面で選ぶことができるのもポイントです。

もちろん、あえてラミネート加工を施さず、エコな雰囲気が前面に出ている容器もあります。

ダイモンフードパックのSATOKIBIシリーズは、-20℃~180℃まで対応しており、かさばらずストックしやすい容器です。
with PLAも-20℃~100℃に対応しており、お米がくっつかず、汁もれにも強いです。
底面にARIGATOと刻印されているものもあり、可愛いと人気です。

バガス容器への着色と印刷

このようなバガス容器をプラスチックに替わる容器として使用することは、SDGsに取り組む企業としてイメージアップにつながります。

ではさらに差別化したいという場合、着色や印刷は可能なのでしょうか?
印刷することは可能です。

はじめから立体に成形されているバガス容器に印刷するには、ローラーなどの間を通すオフセット印刷などはできませんが、インクジェット印刷、パッド印刷、箔押、エンボス加工などが可能です。

バガス容器は素材に厚みがあるので、エンボスは味が出てお洒落な風合いになります。

一方、着色は難しくなります。バガス容器に色を付けようとすると、容器の製造過程のはじめに、原料にインクを混ぜることになります。
そもそもバガス容器の製造は、サトウキビ原料を砕いて水に溶かすところから始まります。水を含んだ原料とインクを混ぜることになりますので、配色が難しくなります。

着色して生産後は機械を洗わなくてはいけないですし、そもそも色付きのバガス容器の需要は多くありません。ですから着色しようとするとコストが高くなるのです。
オリジナルをご希望の場合は、印刷やエンボスなどがオススメです。


ちなみにシンギコーポレーションでは、プラスチック蓋へのロゴの刻印に対応しています。

バガス容器は何ゴミ?

バガス・パルプモールドはいざ使ってみるとパルプモールドは意外とかさばります。飲食店としては処分方法も気になるところです。
バガス・パルプモールドは何ゴミに捨てればよいのでしょうか?
結論から言うと、それは自治体によって異なります。ほとんどは紙として燃えるゴミで可能ですが、汚れていない場合には段ボールと一緒に回収する自治体もあります。
詳しくは住んでいる自治体の案内を確認しましょう。

でも!100%植物原料のバガス・パルプモールドは燃やしても、カーボンニュートラルですから、安心して使い捨てできますね。

まとめ

バガスに関する色々な疑問を取り上げてみました。
環境にやさしいバガス容器は、森林を保護しCO2削減にも繋がります。

水に弱いというデメリットも、植物由来プラスチックのラミネート加工により解決され、スープも入れられるほどになっています。

お客様もエコを意識している方が増えていますので、販売側としても環境にやさしい容器を提供してイメージアップを図るのも良いでしょう。

エコな容器には、カトラリーもナチュラルなものがオススメです。容器やカトラリーの選び方については、木村容器のパッケージコンシェルジュまでご相談ください。
幅広い知識でサポートいたします。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る