最新情報

PVC手袋を利用しよう|PVC手袋はどこで使える?

PVC手袋を利用しよう|PVC手袋はどこで使える?

PVC手袋を利用しよう

パンデミックが2年になろうとしている中、使い捨て手袋の消費が増え続けています。

使い捨て手袋は元々、医療や介護、食品業界では欠かせないアイテムでした。
しかしコロナ禍によって、スーパーマーケットや小売店でも、使い捨て手袋は大量に消費されるようになりました。

その理由は、コロナ禍による人々の衛生意識の激変です。消費者は、自分が利用する店舗に対して、一層の清潔さや安心感を求めています。
こうして使い捨て手袋の需要が急増している反面、使い捨て手袋の主な生産国もコロナ禍でロックダウンや減産が続いたため、使い捨て手袋は世界的に不足しています。

そのため、使い捨て手袋の価格は高止まりとなっているのです。
それに加え、原油の値上がりによって、ニトリル手袋をはじめとした使い捨て手袋の価格が上昇することが懸念されています。
ですから、代替品として、少しでも低コストの使い捨て手袋を探しておられる方は多いことでしょう。

使い捨て手袋には素材がいろいろありますので、それぞれの長所短所を勘案し、用途に適した使い捨て手袋を選ぶ必要があります。
用途によっては、使い捨て手袋の中でも、低コストのPVC手袋を選択できるかもしれません。

この記事では、PVC手袋の特徴や、PVC手袋に適した用途についてご紹介したいと思います。

ニトリル手袋 使い捨て手袋

使い捨て手袋の主な種類

使い捨て手袋にはたくさんの種類があるので、購入する時に迷ってしまうことがあります。今回取り上げるPVC手袋以外の使い捨て手袋の種類は大まかに以下のようになっています。
それぞれの特徴について詳しくはリンク先の弊社の記事をご覧ください。

手袋の種類素材特徴
ラテックス天然ゴム強度があり伸縮性やフィット感に優れている。ラテックスアレルギーの人もいる。
ニトリル合成ゴム強度がありフィット感に優れている。価格は高め。
TPE熱可塑性エラストマーポリエチレン手袋に比べてある程度の伸縮性がある。
EVAエチレン・酢酸ビニル共重合樹脂軽くて柔らかく、弾力がある。耐油、耐薬品、水に強く耐久性がある。
ポリエチレン低密度ポリエチレンフィット感は低いが着脱しいやすい。低価格。

PVC手袋とは?

PVCとは、ポリ塩化ビニルの略で、一般的には塩化ビニール、塩ビ、ビニールなどと呼ばれている素材です。

PVCには、水道管やポイントカードなどに使用されている「硬質塩ビ」と、食品用ラップフィルムやテーブルクロスなどに使用される「軟質塩ビ」があります。使い捨て手袋に使用されているのは軟質塩ビです。
PVCには以下のような特徴があります。

PVC手袋の特徴

PVCは、薬品に強い素材です。ほとんどの酸やアルカリに影響を受けることがなく、硫化水素にも耐えることができます。
しかし、シンナーやアセトンなど一部の有機溶剤では溶けてしまうため、有機溶剤を使用する場合は事前に確認する必要があります。

また、ニトリルには劣りますがPVC手袋は伸縮性があるため、指にフィットしやすく作業性が良いという長所もあります。
そして何より価格が安いことも特徴です。

短所としては、突き刺しなどの破損に対してはあまり強くありません。
そして、食品には使えないことがほとんどです。
では次に、PVC手袋と諸侯品衛生法についてご説明します。

PVC手袋と食品衛生法

食品 使い捨て手袋

PVC手袋の中には食品衛生法に適合していないため、食品には使用できないものもありますので、注意が必要です。

食品衛生法とは、食品や食品添加物、食器や容器等に対して定められた食品の安全性を担保するための基準です。
食品加工や盛り付けなどに使用する使い捨て手袋も、食品衛生法による規制の対象になります。

PVC手袋には、硬いプラスチックを柔らかく加工するために添加物が使われています。
その添加物の中には「フタル酸エステル」などがありますが、このフタル酸には、低レベルながら発がん性があります。
フタル酸を使用したPVC手袋を食品加工に使用した場合、使用状況によっては手袋からフタル酸エステルが溶出し、食品に付着するということが分かっています。

そのため食品衛生法では、食品用の容器や手袋などへのフタル酸エステルの使用は禁止されているのです。
しかし、食品衛生法適合のPVC手袋もあります。
PVC手袋を食品の加工や盛付等に使用したい場合には、この点をよく確認するようにしましょう

PVC手袋はどこで使える?

掃除 使い捨て手袋

PVC手袋の特徴を踏まえて、どのような作業に適しているのか考えてみましょう。

PVC手袋は、滑りにくくて指先にもフィットするので、清掃を含め、日常的な作業にも安心して使用することができます。
また、薬品にも強いため、パーマ液を使用する美容・理容業界でも使用されています。

PVC手袋には薄さの種類がありますので、作業内容に適したものを選ぶことができます。
PVCは油分に強い素材ですから、ガソリンスタンドや、機械油などが手につく作業にも重宝します。

石油・灯油・洗剤に強く、作業効率の良いPVC手袋は心強いアイテムです。
酸に強いということは、消毒・清掃作業にも適しているという事です。

コロナ対策として、塩素系漂白剤などを使用した徹底的な消毒の作業は増えていますから、従業員の手荒れ防止としても有用です。

PVC手袋を利用しようーまとめ

この記事では、数ある使い捨て手袋の中の、PVC手袋について考察しました。

PVC手袋は食品の取り扱いには適さないとはいえ、薬品に強く、劣化しにくく、細かい作業にも使用できるので様々な分野で広く活用されています。
このため、用途によっては価格の安いPVC手袋に切替えることが実際的かもしれません。
例えば、厨房ではニトリルを使用し、レジや清掃などにはPVCを利用するなど、作業によって使い分けることができます。

長引くパンデミックによる需要の増大、原油の値上がりによって、消耗品のコストが高い状況はまだ続く見込みです。
使い捨て手袋を日常的に使用している方は、是非一度、代替品についてもご検討することをお勧めします。

代替品となる使い捨て手袋をお探しの方は、様々な素材に詳しい木村容器のパッケージコンシェルジュに是非ご相談ください。
御社の用途やご予算を踏まえて、最適な使い捨て手袋をご紹介させていただきます。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る