よくある質問と答え

紙コップ/使い方の疑問

Q1.塗装用塗料に使用可能ですか?

塗装用塗料には適しておりません。
飲料用の紙コップです。
用途に応じて、自己責任でご判断ください。

Q2.紙コップに長時間飲料を入れても漏れませんか?

紙コップは使い捨て容器ですので、長時間使用を想定しておりません。
使用される中身に柑橘系の成分や酸性、油性など含まれる内容により不適合の場合がございます。

Q3.紙コップはお酒や、ドレッシング、うがい薬などに使用できますか?

アルコール飲料や油性の食品、薬品などは浸透性が強いので、長時間入れておくことはできません。
紙コップの内側は、耐水用のポリエチレンでコーティングされていますので、短時間であれば紙に浸透することはありません。
しかし長時間これらの液体を入れておくと、紙の断面が露出した部分や、普通は漏れない紙コップの底の接合部分などから浸透して漏れ出す可能性がありますので、長時間の使用はできません。
また、うがい薬のヨウ素と紙に含まれるデンプンが反応して紫色に変色する場合がありますが、品質に問題はありません。

Q4.紙コップは電子レンジで使用できますか?

基本的には避けた方が安全です。
紙コップの内側は、耐水用のポリエチレンでコーティングされています。
ポリエチレンの耐熱温度は110℃ですので、沸騰温度100℃以下であれば可能ですが、加熱時間を間違えたりラップでふたをした場合、急激に温度が上昇して中身が噴き出す場合があります。
またスープなどの油性の飲料や食品、は110℃以上に加熱されてしまいますので、内面のポリエチレンが溶け出してしまいます。
仮にポリエチレンが溶け出しても、人体に害となることはなく体外に排出されますが、安全面を考慮して、電子レンジでのご使用は極力お控えください。

Q5.熱い飲料や高温の食品などを入れると、紙コップから有害な物質が出ることはないのですか?

紙コップの原材料には、食品衛生法に適合した紙とポリエチレンのみを使用しておりますので、有害物質が出る心配はありません。
ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度は110℃前後です。
通常の飲料でポリエチレンが溶け出ることはありませんが、油性のものを入れて加熱したり、電子レンジ、オーブン、オーブントースターなどで加熱すると110℃以上になり、ポリエチレンが溶出することがあります。
しかしその場合でも、体内に入っても人体に影響を及ぼす分量ではなく、吸収されずに体外に排出されますのでご安心下さい。

Q6.紙コップはオーブンやオーブントースターで使用できますか?

紙コップはオーブンやオーブントースターでの使用はできません。
オーブンやオーブントースターは直に食品を加熱しますので、180℃~200℃を超える場合もあります。 紙コップの内側には耐水用にポリエチレンコーティングが施されています。
ポリエチレンの耐熱温度は110℃で、それを超えると溶けだし、紙が焦げて最悪の場合は発火してしまう場合があります。
発火しなくても、熱によって柔らかくなったポリエチレンが食品にくっついてしまったり、容器に穴が開いたりする可能性があります。
大変危険ですので、オーブンやオーブントースターでのご使用はなさらないでください。

詳細は当社コンテンツもっと紙コップを使おう! 紙コップはオーブンで使えるの?に特集されていますので参考にしてください。

〜容器とラッピングのコンシェルジュ〜〜容器とラッピングのコンシェルジュ〜木村容器とは?

Contactお問い合わせ