よくある質問と答え

全てのよくある質問

Q1.塗装用塗料に使用可能ですか?

塗装用塗料には適しておりません。
飲料用の紙コップです。
用途に応じて、自己責任でご判断ください。

Q2.紙コップに長時間飲料を入れても漏れませんか?

紙コップは使い捨て容器ですので、長時間使用を想定しておりません。
使用される中身に柑橘系の成分や酸性、油性など含まれる内容により不適合の場合がございます。

Q3.紙コップを買ったら、内面PEコーティングと書いてありますがどんな意味ですか?

PEとはポリエチレンの略です。
紙には耐水性がないので、ほとんどすべての紙コップは内側にポリエチレンをコーティングしています。
それによって中の液体が染み出ないようになっているわけです。
内側だけにコーティングを施したもの以外に、結露に強くするために両面をポリエチレンコーティングした紙コップもあります。

Q4.紙コップはお酒や、ドレッシング、うがい薬などに使用できますか?

アルコール飲料や油性の食品、薬品などは浸透性が強いので、長時間入れておくことはできません。
紙コップの内側は、耐水用のポリエチレンでコーティングされていますので、短時間であれば紙に浸透することはありません。
しかし長時間これらの液体を入れておくと、紙の断面が露出した部分や、普通は漏れない紙コップの底の接合部分などから浸透して漏れ出す可能性がありますので、長時間の使用はできません。
また、うがい薬のヨウ素と紙に含まれるデンプンが反応して紫色に変色する場合がありますが、品質に問題はありません。

Q5.紙コップは電子レンジで使用できますか?

基本的には避けた方が安全です。
紙コップの内側は、耐水用のポリエチレンでコーティングされています。
ポリエチレンの耐熱温度は110℃ですので、沸騰温度100℃以下であれば可能ですが、加熱時間を間違えたりラップでふたをした場合、急激に温度が上昇して中身が噴き出す場合があります。
またスープなどの油性の飲料や食品、は110℃以上に加熱されてしまいますので、内面のポリエチレンが溶け出してしまいます。
仮にポリエチレンが溶け出しても、人体に害となることはなく体外に排出されますが、安全面を考慮して、電子レンジでのご使用は極力お控えください。

Q6.熱い飲料や高温の食品などを入れると、紙コップから有害な物質が出ることはないのですか?

紙コップの原材料には、食品衛生法に適合した紙とポリエチレンのみを使用しておりますので、有害物質が出る心配はありません。
ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度は110℃前後です。
通常の飲料でポリエチレンが溶け出ることはありませんが、油性のものを入れて加熱したり、電子レンジ、オーブン、オーブントースターなどで加熱すると110℃以上になり、ポリエチレンが溶出することがあります。
しかしその場合でも、体内に入っても人体に影響を及ぼす分量ではなく、吸収されずに体外に排出されますのでご安心下さい。

Q7.紙コップはオーブンやオーブントースターで使用できますか?

紙コップはオーブンやオーブントースターでの使用はできません。
オーブンやオーブントースターは直に食品を加熱しますので、180℃~200℃を超える場合もあります。 紙コップの内側には耐水用にポリエチレンコーティングが施されています。
ポリエチレンの耐熱温度は110℃で、それを超えると溶けだし、紙が焦げて最悪の場合は発火してしまう場合があります。
発火しなくても、熱によって柔らかくなったポリエチレンが食品にくっついてしまったり、容器に穴が開いたりする可能性があります。
大変危険ですので、オーブンやオーブントースターでのご使用はなさらないでください。

詳細は当社コンテンツもっと紙コップを使おう! 紙コップはオーブンで使えるの?に特集されていますので参考にしてください。

Q8.「非商用利用」と「商用利用」の違いを教えて下さい。

[非商用利用とは]
ここでいう非商用利用とは私的または個人的立場での使うことを前提としています。以下に記載した内容が非商用利用としてあてはまります。
どのような形であれ対価の支払いを受けない
営利目的用途の成果物作成を目的としない
商業的サービスの提供・宣伝を目的としない
具体例:
個人の趣味のサイト・ブログで商品の売買取引のないもの
商業目的の無いチームやグループの活動報告のサイト・ブログで商用サービス等の広告掲載のないもの
趣味で制作した商品を紹介するのみのサイト・ブログ
上記以外の利用については全て[商用利用]とさせていただきます。

[商用利用とは]
ここでいう商用利用とは、個人、法人に関わらず利益を得る目的で、営利目的で、利用することを意味します。
具体例:
企業サイトでの利用
個人で制作した商品の売買を目的としたサイト・ブログでの利用(売買時期が不定期であっても該当します)
活動内容報告による集客やサービス提供・宣伝を目的としたブログやサイトでの利用
成果物の作成を目的とした利用

Q9.パックごと熱湯で温めるカレーやシチュウがありますが、プラスチックが溶けることはないのですか。長期間保存して安全なのですか?

完全に調理済みの食品を充填し、100℃以上で加熱処理(一般には120℃で30分間、135℃で10分間など)をした食品をレトルト食品といいます。レトルト食品の包装容器はすべて、この100℃以上の殺菌工程を考慮して安全なものが選択されているので、沸騰しているお湯の中に入れてもパックがとけるようなことはありません。また、レトルト食品は常温で長期保存(普通は数カ月)されますので、内容食品によって侵されないプラスチック材料が使用されています。

Q10.プラスチック容器に塩・しょう油・お酒などを長時間入れても大丈夫でしょうか。

食品用のプラスチック容器は、塩分やアルコールなどを長時間保存しても溶出(容器の成分が食品へ溶け出す)は安全であることが確認された材質を使用しています。 ただし、ポリスチレン(スチロール樹脂)やメタクリル樹脂(アクリル樹脂)の容器にアルコール類を保存すると、味が変化することがありますので避けましょう。

Q11.プラスチック容器に梅干しを入れても大丈夫でしょうか。

プラスチック容器は食品の酸に触れても問題ありません。

Q12.プラスチック容器に食品を入れておいたら、容器が変色しましたが、逆に容器の色が食品に移ることはないですか

食品を長期間保存する漬け物容器や密封容器には、ポリエチレンやポリプロピレンが多く使用されていますが、規格基準に合格した容器から色が溶出することはありません。木樽に食品の色がしみ込むことがあるように、プラスチック製の容器にも食品の色がつくことがあります。また、長時間の使用により色があせたり変色することがありますが、衛生面では安全です。

Q13.プラスチックの漬物容器でぬか味噌を漬けたら変な臭いがしましたが、大丈夫でしょうか。

ぬか床のぬか味噌菌は、酸素も好む好気性菌と言われる菌です。ですから毎日ぬか味噌をかき回して、ぬか味噌に酸素を含ませるとおいしいぬか漬けができるのです。 昔から使われいる木製の漬物樽は、木の性質上、適当に空気が内部に進入することが可能です。これに対してプラスチックの漬物容器は、プラスチックの性質上外気の進入はほぼありません。従って、プラスチックの漬物容器の場合、木製の漬物樽の場合よりも頻繁に掻き回さないと酸素が不足し、ぬか味噌を酸敗させる菌が繁殖して臭いがすることがあります。プラスチック自体の臭いによって、漬物が変な臭いになることは一般に考えられません。

Q14.熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂とでは、何が違っているのでしょうか。

一般的にプラスチックは加熱したとき軟らかくなり、粘土のようにこねることができる熱可塑性という性質をもつ物質だと定義されますが、厳密に言うと、プラスチックには、加熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂の二種類があります。プラスチックのもとはモノマーという物質ですが、このモノマー分子にはほかのモノマー分子と結合するための手があります。この手の数により、線状のポリマー分子ができたり網目状の大きなポリマー分子ができたりします。網目状の大きなポリマーの分子は動きにくいため、加熱されても軟らかくなりません。これが熱硬化性樹脂です。これに対して、線状のポリマー分子は加熱されると軟らかくなり、力が加わると変形しますが、冷えると動きにくくなりそのまま固まります。熱による変化は繰り返すことができます。

Q15.プラスチック製の容器や食器から、有害物質が溶け出すことはありませんか?

プラスチック製品から食品中へ溶け出す可能性のある成分は、①プラスチック本体(ポリマー)②添加剤③結合し損なったモノマープラスチック 等がありますが、たとえ溶出しても安全なように、また毒性の強い成分は溶出しないように、厳しく規制されています。それぞれの溶出量については、その耐容(許容)摂取量をはるかに下回る量でであることを確認しているので、安心して使用できます。

Q16.プラスチック容器を冷凍庫で使用しても大丈夫でしょうか。

プラスチック製容器のうち、ポリプロピレン製のものは冷凍下では衝撃に対してもろくなりますので、ひび割れすることがあります。また、密封容器はフタと本体で材質が異なるものがあり、ぴったりしなくなることがありますので、容器の品質表示を確かめて使用する必要があります。

Q17.プラスチック製の食器や保存容器の耐用年数はどのくらいですか。

プラスチックは一般的に耐用年数はありませんが、長期間使用すると黄ばんだり、内容物の色移りや容器の色あせが生じます。また、金属やガラスほど表面が硬くないので傷がつきやすいので、衛生面では心配ありませんが、見栄えが悪くなるため、適当な時期に買い換えることになります。 なお、プラスチックは直射日光に長時間当てると劣化するので使用条件によっては耐用年数は短くなります。

Q18.プラスチック冷水筒に熱いお茶を入れてもいいでしょうか。

冷水筒には、100℃以上でも耐えられる高密度ポリエチレンやポリプロピレン製のもの以外に、耐熱温度が70-90℃のメタクリル樹脂やスチロール樹脂で作られた製品があります。品質表示の耐熱温度を確かめて、表示温度が100℃以下のものに熱いお茶を入れるのは避けてください。

Q19.プラスチック製品はほこりが付きやすく、汚れやすいようにと感じますが、どうしてですか。

プラスチックは電気を通さないという性質があります。そのため、摩擦などによって起きた静電気がいつまでも残っています。この静電気のために、空気中のホコリやゴミが付きやすいのです。しかし、水で流せば電気は逃げますので、洗うことでプラスチックの表面に付いた汚れは簡単に落ちます。ただし、表面をクレンザーやタワシでゴシゴシこすれば、たとえ汚れは落ちても、細かい傷がプラスチックの表面に無数に付いて、その傷の中に汚れが入って、余計に汚くしてしまうことがあります。

Q20.電子レンジにプラスチック製品を使用する場合の注意事項を教えてください。

電子レンジは食品にマイクロ波をあて食品に含まれる水分を振動させることにより生じる摩擦熱で食品を内部から加熱します。プラスチック容器自体はマイクロ波により変質することや加熱されることはありませんが、食品全体が加熱されるとその熱が伝わるので容器も加熱されることになります。食品中に水分が多い場合には100℃前後までしか上がりませんが、油性の食品はかなり高温になり、部分的には100℃を大きくこえることもあります。 プラスチック容器は製品の材質により耐熱温度が違いますので、容器の表示されている電子レンジOKなどの表示を確認して使用しましょう。

〜容器とラッピングのコンシェルジュ〜〜容器とラッピングのコンシェルジュ〜木村容器とは?

Contactお問い合わせ