最新情報

紙コップに巻かれている茶色いヤツ! コーヒースリーブとは何ですか?

紙コップに巻かれている茶色いヤツ! コーヒースリーブとは何ですか?

コーヒスリーブとは何ですか?

寒い冬、ふらっと立ち寄ったコンビニで暖かいコーヒーを買い、かじかむ両手で包むように持って手を温めようと思ったら…「アチチチチチッ!!」熱すぎて持てない!でも凍える指先を温めたい!しかし熱くてムリ!
猫舌ならぬ猫っ手のわたくし。
写真のように手袋をしたくなります。

こんな冬あるあるを解決してくれる、素敵なアレを今回はご紹介します。

アレって何だと思いますか?!
そうです。
コーヒースリーブです。

コーヒースリーブとは?正式名称は?

スリーブ

左の画像をご覧になってください。
紙コップの周りに茶色いあいつが巻かれています。
このように熱い飲み物が入った紙コップの外側に巻いてある、紙や段ボールでできたカバーを「スリーブ」といいます。

これはスタバやタリーズなどで熱い飲み物を頼んだ時によく見かけますよね。

セブンカフェは断熱エンボスカップを使っているのでスリーブはありませんが、その他のコンビニなどでも置かれているコンビニチェーン店はあるようです。

確かに紙コップなどで熱い飲み物を飲むときに、熱くて持てない時があります。
そんなときに、熱い紙コップにこのようなスリーブを巻いて使うのであれば、もう兵器!(スリーブは兵器ではありません。取り扱いにご注意ください)
間違えた、もう平気!
ヤケド防止のためのこのやさしさが、冷えた心に沁みますね。

ここまでずっと「スリーブ」としてご紹介してきましたが、実は、このスリーブには正式名があります。
正式名称は「ザーフ」というらしいです。
ザーフ!!The ザーフ! A ザーフ 「いい加減にしなさい!」と突っ込まれそうですが、なんだか強そうな名前ですね!
でもザーフより「カップスリーブ」とか「ペーパースリーブ」のほうが一般的に広く使われています。

実は私たちの業界でもザーフなんて言わず、スリーブ又はコーヒースリーブと呼んでいます。
東罐興業のカタログにも「カミスリーブ」と書かれているので、「スリーブ」と呼んで良いのではないでしょうか。
ですから、このコンテンツでは以下「スリーブ」で統一したいと思います。

スリーブはいつ誕生しましたか?

スリーブ ザーフ

このコーヒースリーブを最初に思いついた人はJay Sorensenという男性だと言われています。
彼は1989年のある日、オレゴン州ポートランドで、ドライブスルーでコーヒーを買ってから娘の学校へと向かいました。
しかしコーヒーがアツアツで、彼は持っていたコップ落として膝の上にその熱いコーヒーを派手にこぼしてしまいました。
きっと彼は『Oh!My Gosh』と叫んだことでしょう(予想)
しかし彼は熱い火傷体験だけで終わりませんでした。
Jay Sorensenは、七転び八起き。
この経験がもとになってスリーブのアイデアが誕生し、1991年に形にされ実用化へと至ったのです。

買ったばかりの熱々コーヒーをぶちまけてしまうなんて…わたしならショックで立ち直れない…
でも、スリーブはそんな日常の悲劇をバネに生み出された名作だったんですね!
この前の千秋楽の白鳳じゃないけれど、「万歳三唱」ものです。
(注意されちゃうかしら・・・)

スリーブにはどんな効果があるの?

スリーブ

言うまでもありませんが、まずはやっぱり、熱いものを熱いうちに飲みたい時に、しっかり紙コップを握って飲めるのは安心ですし、嬉しいですよね。
わたしのように軟弱な手の皮の持ち主でも、このスリーブさえあれば、やけどを恐れずにカップを持って両手を温めることができるのは嬉しいことです。

他にも、こんな理由でスリーブを使う方が増えているみたいです。

○友だちとワイワイする時“自分のカップが分からなくなっちゃった!”を防げる

BBQやホームパーティをすると、だいたい発生するのが「マイカップ迷子事件」ですよね。
男女が集まる若者たちのBBQやホームパーティだと、あえて「マイカップ迷子事件」を演じる人もいるかもしれませんが、そんな人は今どきの女子高生に「キモイ」と言われます。
ですから紙コップなどに目印などを書いておけば良いんですが、そういう時に限ってペンが近くになかったりして・・・・・。

仕方なくまた新しい紙コップを出して、最後にはテーブルの上がコップだらけに…。
ええ~い。面倒だ!紙コップをつなげて首に巻いてやれ~~!
なんてことになりかねません。
そんなときに、マイスリーブがあればそんな資源のムダを防げます!

○おしゃれ

カフェのロゴが入ったお洒落なスリーブって持っているだけで気分が上がります
先ほどご提案した“マイスリーブ”なら、なおさらです!
マイスリーブで毎朝のコンビニコーヒーをおしゃれに楽しむ人が増えているようです。

マイスリーブは、紙コップに使用するだけでなく、チェーンを通してカバンにつけてファッションのアクセントにしたり、デスクにあるミニプランターやペン立てに巻いてみたりと使い方は無限大!

最近流行りのこんなタイプから、お気に入りの一品を探すのはいかがでしょうか?!

〇宣伝効果

コーヒーショップなどでは、オリジナルデザインの紙コップを作る代わりに、オリジナルデザインのスリーブを作り、中にムジの既製品の紙コップを使うことによって、お店の宣伝かつイメージ戦力を行っているコーヒーショップやカフェもあります。
これもありですよね。
オリジナルデザインの紙コップは見慣れているのですが、オリジナルデザインのスリーブはなかなか見ないからです。
それだけでも差別化の一つになるかもしれません。

またオリジナルデザインのスリーブなら、もしかして再利用を考える人もいるかもしれません。
もしスリーブを再利用をしたら、その人がコーヒーを飲もうとしたときにスリーブを見ます。そのときにスリーブに印刷されたあなたのお店のロゴを見ます!
その人の脳にロゴが刷り込まれます!
次にコーヒーを飲むとき、その人はあなたのお店にGo!です!
そんな戦略もありかもしれませんね!

スリーブの種類

カップスリーブ

・紙製
例えばスタバのカップスリーブ。定番のカラーに加えて、季節限定デザインなんかもありますよね。
コレクションしたり、自分仕様にリメイクしたり。使い方はあなた次第!!
持って帰って再利用もできちゃいます!
そんなあなたは、お店の思うつぼ(笑)

・布製
フェルト素材のほっこりデザインや、自分のお気に入りの布で世界に一つだけのハンドメイドのザーフを楽しんでおられる方も。
贈り物にもいいですね。

・レザー
厚みのある革は高級感があります。使うほどに手に馴染んでくるので愛着も湧きますよね。
レザーの風合いは好きだけど、本革に手は出しにくい…という方にオススメなのが、ダイソーのレザー調紙コップスリーブ!100円とは思えない、高見えするアイテムです。
手軽なお値段なので、汚れを恐れずガシガシ使えそうです!

・取っ手付き
取っ手があるととっても便利ですよね!持ち手を持って飲むと優雅な気分になれますし♪

傘をさしている時、荷物が多い時、ワンちゃんとお散歩中、などなど、ちょっと手がふさがっているけど暖かいドリンクを飲みたい!と思うその瞬間の気持ちを後押ししてくれる便利アイテムです。

個人的には、最近見つけた「通せるカップスリーブ」という取っ手付きのナイロン製スリーブをぜひゲットしたいと思います。

スリーブ まとめ

スリーブは、いつものテイクアウトコーヒーをスペシャル仕様に変えちゃうおしゃれグッズです!
なんか不思議ですよね!
普通の紙コップもスリーブがついていたら、高級に見えちゃうんです!
ちなみにそれを利用してコーヒースリーブを使って広告をしている会社もあるんです。
スリーブは目に入るので、広告的にそれだけ可能性のあるアイテムってことですね。

木村容器のパッケージコンシェルジュは、おしゃれなオリジナルスリーブやカップのご提案をしています。
既製品のスリーブから、オリジナルデザインのスリーブまでさまざまなスリーブをご提案することができます。

ぜひお気軽に、木村容器のパッケージコンシェルジュまでご相談ください。

この記事をシェアする

Facebookでシェア! Twitterでシェア! HATENAブックマーク メールで送る